犯罪から身を守ってくれる防犯カメラ~SDカード記録を残す~

事前の防犯対策が大切

犯罪に巻き込まれてから、その場で対処したのでは、ある程度の被害を覚悟しなければいけません。そのため、被害をだしたくないのなら、犯罪に巻き込まれないための、事前の対策が必要となります。一度犯罪に巻き込まれてしまうと、金銭的な面だけではなく、心にもキズを負うことになるので事前の防犯対策はとても大事です。

読んでおくべき!おすすめコンテンツ

男性

監視から逃れよう

監視されているようだと感じたら早急に対策をとる事が大切です。警察をはじめ探偵や盗聴器発見の専門業者に相談するとよいでしょう。業者を選ぶ時には、料金体系や調査力についてしっかりと下調べをし、口コミや評判の良い信頼できるところに依頼するようにしてください。

READ MORE
スーツの男性

子供の防犯対策に最適

位置情報の把握に便利なのがGPSですが、利用したいのなら、機器の選定をしっかりとおこなう必要があります。高機能の製品や子供のセキュリティを考えた製品など、色々とあるため、機器を販売するメーカーの公式サイトでスペックを調べた上で購入しましょう。

READ MORE
防犯カメラ

保存に必要なアイテム

防犯カメラを選ぶ場合は、設置場所をよく考慮してからモデルを選ぶことがポイントです。また、SDカードタイプのカメラはとても便利で、ケーブルや録画機が必要なく、簡単に設置することができます。

READ MORE
メンズ

料金を確認する

近年、盗聴器は小型化や高性能化が著しく進んでいます。ですから、盗聴器は実は誰の家にでも仕掛けられている可能性があります。放置しておくと色々と問題が多いですから、発見したら早急に専門業者に連絡をして解除しに来てもらいましょう。

READ MORE

自宅や車で盗聴器を発見することもある

日本では盗聴器の販売は違法ではないため、購入しようと思えば、すぐにでも手に入れることができます。それに加えて、技術の進歩でサイズの小型化が進んでいるため、自宅や自動車に取り付けられても気がつくことは難しいです。また、自動車の場合はGPSが取り付けられて、行動がすべて筒抜けになっている可能性もあるため注意しましょう。

防犯アイテムとして導入すべきもの!

とにかくカギは厳重なものを

自宅のセキュリティを気にするのなら、まずはカギをピッキングされにくいものに交換しましょう。現在では、ディンプルキーなどのセキュリティが高めのカギがあるため、そちらに変更すれば、泥棒に侵入される可能性が低くなります。

音で危険を知らせましょう

自宅の外で危険な人物から身を守りたいのなら、防犯ブザーを活用しましょう。大きな音がなるブザーは、自身の危険を周りに知らせるだけではなく、音で相手を驚かせることができるため、逃げるための隙を作り出してもくれます。

盗聴を疑っているのなら

自宅内の会話が外に漏れていると感じるのなら、盗聴器を発見する機器を購入しましょう。本格的な機器が必要になると考える方もいますが、一万円未満の製品も販売されているため、気になるなら盗聴器を調べてみることをおすすめします。

周辺も含めて監視できる防犯カメラ

映像としてすべてを残せる防犯カメラは、設置しているだけで、泥棒が寄りつかなくなるアイテムです。防犯カメラに映っている周辺のセキュリティも上げることができるため、自宅ではなく近所への貢献度も高いでしょう。

防犯のためのアイテム

家

防犯カメラと一緒にSDカードなどの付属品も購入しよう

防犯カメラを購入するのなら、まずは外部に記録システムがあるのか、内部にあるのかを確認しましょう。もしも、内部で記録するタイプならば、SDカードといった記憶媒体が必要となるため、別途用意する必要があります。なお、装着するSDカードは特別なものではなく、一般の家電量販店で販売している安価な製品でも充分です。

目的に応じて専門業者を選択

とにかく安く導入したいのなら、インターネットでショップを検索をして、最安値で売っているところで購入すれば良いでしょう。しかし、セキュリティ対策をしっかりとおこないたい場合は、防犯の知識を持つスタッフがいる専門業者から購入したほうが無難です。専門家と相談をしながら選べば、隙のないセキュリティをバッチリと構築できます。

広告募集中