保存に必要なアイテム|防犯カメラやSDカードを購入しよう【犯罪に巻き込まれない為に】

防犯カメラに重要な録画機能【便利なSDカードタイプ防犯カメラ】

保存に必要なアイテム

防犯カメラ

データはSDカードでしっかり保存

防犯カメラの記録方法はいくつもありますが、SDカードタイプの防犯カメラが人気です。デジカメにも使われるSDカードは、容量のバリエーションも豊富で、カメラ本体にスッキリ収まります。SDカードタイプのカメラは、他のタイプのようにケーブルが必要ありません。したがって、取り付け工事以外の大きな配線工事をする必要がなく、手軽に取り付けられることも魅力です。

屋外・屋内など用途に応じて購入

防犯カメラを選ぶ際は、あらかじめどこに設置するのかを整理しておくと効果的です。屋外に設置する場合と屋内に設置する場合とでは、カメラのタイプが異なる場合があります。防水機能や暗視機能が付いているカメラはそれだけ高額になりますし、屋内に装着するのにわざわざ不必要な機能を選ぶのは損をする可能性があるのです。また、屋内用カメラは、SDカードに対応したモデルが多いことも特徴です。逆に屋内用のカメラを野外に設置した場合、うまく録画できないケースや、天候などの影響で故障してしまう場合もあります。

SDカードの対応容量もチェック

SDカードタイプの防犯カメラを購入する際は、SDカードの対応容量も事前にチェックしておくことが重要です。SDカードの場合、容量次第で録画時間が決まります。常に録画しながら、上書きしていくタイプなので、あまりにも少ない容量のSDカードは不便です。もし証拠映像を録画できても、気づいた時には上書きされて残っていないという可能性も否定できません。

防犯カメラはリモコン付き・録画機不要なものがいい

防犯カメラのモデルによって、リモコンが付いているものや、録画機が不要なSDカードカメラもあります。実際に使うシチュエーションや工事の必要性を考慮すると、このようなカメラを購入する方法が効果的です。例えば、カメラのリモコンを使うことで、好きなタイミングで作動させることが可能です。外出時や旅行する際など、自宅を長時間留守にする時にだけカメラを作動させる使い方もあります。また、録画機を設置する場合、どうしても設置スペースや配線工事が必要になります。自宅をスッキリさせたい方には録画機不要カメラがピッタリです。

広告募集中